会社案内アクセスマップリクルート情報お問い合わせ

札幌の防水工事/トップ防水の基礎知識防水工事施工実績よくある質問メーカーリンク

>札幌の防水工事 日本防水総業/トップ  >防水の基礎知識

防水工事の重要性

古来より人間は生きるために水を求め彷徨い歩き、その旅の終焉を街という形で築き上げてきました。
しかし、その水も時として大雨や洪水となり我々の築き上げた財産を一瞬のうちに跡形もなく消し去っていく…。そんな歴史もしばしば目の当たりにします。
自然が牙を剥く猛威の中では人間は大変に無力なものです。
ですが、日常の暮らしの中で建物に侵入してくる水は、人間の手で必ず防ぐ事が出来ます。
建物は、外部からの水の侵入によって脆くなり、劣化が進み人間が快適な生活を送るという本来の機能を大きく損なってしまいます。
人間が生きる上で欠かすことのできない水も、その形が変わることにより私たちの生活を脅かす存在になってしまうこともあるのです。
だからこそ“防水”の重要性が問われるのです。
“防水”とは決して建物の表舞台に立つようなきらびやかな存在ではありませんが、今日、あなたが生活している空間を屋根の防水・地下の防水・壁の防水という力で、しっかりと雨水の侵入から日夜守っている建物の守護神なのです。
当社では、様々な症例において、最も最適とされる建物の守護神となるべく防水工法を、豊富な経験と専門知識と高度な技術を基にご満足いただけるご提案をさせていただきます。




防水工事の修繕時期
ご存知ですか?屋根の防水には寿命があります!

>> 雨漏りはありませんか?

クラック(ひび割れ)があると、既に雨水が建物内部に侵入している可能性があります。
近年の異常気象も建物の老朽化に拍車をかけていることは間違いありません。

>> 排水管の通りはどうですか?

屋上のドレン(排水口)にゴミが詰まり排水管への水の流れを妨げている可能があります。
ドレンが詰まると屋上にプールのように水が溜まって漏水の原因となります。

>> 新築、または改装後10年以上経過してはいませんか?

一般的に防水工事の耐久年数は10年〜15年とされています。
地域や立地などの環境の違いによって耐用年数も変わってきますが、北海道のような凍害が発生する寒冷地では早めのケアが必要とされています。

手遅れになる前に防水工事のプロに診断させて下さい!!




防水工事の工程

◆STEP1 ご相談・お問い合わせ

お客様のスタイルにあわせて、メール・FAX・お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

◆STEP2 現場調査

専門の診断スタッフが建物の状態をあらゆる視点から念入りに調査致します。
この際に建物の履歴が解ると大変参考になります。

◆STEP3 ご提案

北海道の過酷な環境から建築物を守って58年のノウハウと先進の施工技術で、ご予算に応じた最適な方法をご提案致します。

◆STEP4 お見積り

ご提案致しました施工方法にご理解を頂ければお見積書を作成・提出致します。 この時点で、更にご不明な点、ご不安な点が発生しましたらご納得頂けるまで何度でもご説明申し上げます。

◆STEP5 工事施工

お見積りに納得頂けましたら速やかに工事に取り掛かります。 工事担当社員が工程等のご説明に伺います。 その後、当社が誇る技能社員が、最高の技術と経験を生かし責任施工致します。

◆STEP6 お引渡し

工事が終了しましたら、工事担検査員が最終のチェックを行いお客様にご安心頂ける施工である事を確認の上、お引渡し致します。

◆STEP7 施工後のケア

お引渡し後に施工個所に不具合が発生しましてもご安心下さい。 ご連絡頂けましたら直ぐに訪問・調査・改善措置を行います。 また、定期的な点検も実施致します。

インターネットからお問い合わせをするTEL011-231-7511

All rights reserved, Copyright (C) 日本防水総業株式会社

無料相談 現場調査受付
防水工事の重要性
防水工事の修繕時期
日本防水総業

日本防水総業株式会社

ISO9001:2008認証取得
札幌市中央区北3条東4丁目1
TEL:011-231-7511
FAX:011-231-2930
MAIL:nb@nihonbousui.co.jp


リクルート情報